自力で駆除するには|凶暴なアライグマ駆除はプロに任せて安心|近づくと危険
作業員

凶暴なアライグマ駆除はプロに任せて安心|近づくと危険

自力で駆除するには

南京虫

被害と生息場所

別名トコジラミとも呼ばれる南京虫ですが、一体どのような被害を蒙ることが多いのでしょうか。まずは南京虫の生息場所ですが、ベッドやソファなどを中心として、壁の隙間や畳のへり、家具やカーテンレールの隙間など、ありとあらゆる場所に発生します。数が増えると、南京虫のいる場所が茶褐色になりますので、その時点で初めて目で被害状況を確認することが出来ます。そうなる前に、早めに南京虫駆除をするのがカギです。被害状況として最も多いのが、吸血によるかゆみです。皮膚が露出している場所に多く見られます。また、蚊などと同じように血液を媒介して病気を運ぶこともありますので、非常に危険だと言えるでしょう。シロアリのように、家屋が倒壊してしまうという大掛かりな被害を受けることもあります。

どのように駆除するのか

実際に南京虫駆除をしようと思った際、どのような方法を採れば良いか把握しておきましょう。一つ目は、殺虫剤を噴射するという方法が挙げられます。南京虫駆除の方法としては一般的なもので、直接噴射する場合もありますし、発生していると思われる場所に霧状の殺虫剤をまく残留噴射という方法もあります。続いては、スチームなどを使った加熱式の駆除方法というものが挙げられます。油汚れなどを落とすためのスチームクリーナーを壁や床に吹き付けて駆除します。南京虫駆除としては、効果が高い方法だと言えます。場合によっては、熱湯や熱風を使うのも良いでしょう。最後に、掃除機で駆除するという方法もあります。レベルを「強」にして、擦り付けるようにして吸い取ってください。自分で駆除するのが面倒な方は業者に依頼するのもおすすめです。